えびのアグレッシブなweblogです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
三国志 英雄占い
別に英雄になりたいワケじゃないが、三国志好きなのでやってみた。

【三国志 英雄占い】

結果は『司馬懿仲達』でした。

まぁ〜ここに どんな人だったのか書こうと思ったけど、 たいがいの人は分からんし、知ってる人には説明不要だろうからやめときましょう(^^;

まぁ〜簡単に説明すれば、最後の最後に一番おいしい所を取った腹黒い人ですよ(笑)
| えびりょう | 占い・診断 | 19:36 | comments(5) | trackbacks(0) |
『ボケ』と『ツッコミ』
yahooで見つけて、気になったのでやってみた。

『あなたは「ボケ」と「ツッコミ」どちらでしょう?』












結果













『きついツッコミタイプ』でした。
「あ・うん」の呼吸は、私たちの日常生活を円滑にしてくれるものです。そして、「あ・うん」の呼吸で、ピッタリ息の合った2人が繰り広げる「ボケとツッコミ」は最高です。笑いは、脳に刺激を与え活性化させてくれますが、逆に怒りや不快感は、マイナス行為を引き起こしてしまいます。
部屋とは、自分のための区切られた空間です。どこに自分の安心できる場所を確保するかによって、本来のあなたの心のあり方が分析できます。さあ、あなたも「ボケとツッコミ」のコミュニケーションによって、上手に笑いを生活に取り入れていきましょう!
あなたはイヤな事があると、つい他人に感情をぶつけてしまうほうではありませんか?

あなたは、常に新しいものや形あるものを優先していないと不安になったり、矛盾を感じたりしてしまうようです。そんなあなたのツッコミは、笑いをねらったものではなく、イライラの表れといえるかもしれません。あなたの他人へのきついツッコミに反発して、相手側に味方する人が出てきたりして、さらにイライラ感がつのってしまう……なんてこともあるのでは?

不快感はマイナスホルモンの分泌を活発にし、悪い雰囲気へと一直線に向かってしまいます。日常生活で感じている不安や矛盾を、「モノ」でうまく解消できればいいのですが、それができなくなったときが問題です。
状況判断を心がけ、イライラした気持ちからついツッコミを入れて、場の雰囲気を悪くしてしまうことがないよう気をつけましょう。

学生時代の同窓会などを企画してみては? 昔に返って懐かしい話に興ずれば、思いきり笑えて日ごろのイライラした心もほぐれるかも!


ん〜基本的には『ボケ』だと思うんだけど・・・どうなんだろ?
| えびりょう | 占い・診断 | 03:11 | comments(5) | trackbacks(0) |
前世って何よ?
【前世占い】をやってみましたよ〜。

>あなたの前世チェック>結果
あなたの前世が何者であるかを診断してみました。
あなたの前世はこんな感じ!

あなたの前世は【幕末に人知れずところで影のように暗躍した暗殺者】のようです。

あなたの前世は、江戸時代末期、時代が新しく生まれ変わろうとする頃の幕末に暗躍した暗殺者であるようです。
何が正しくて、何が間違っているのか、日本人が手探りで暗中模索していたあの時代に、あなたは高名な人物の元で、影となり、悪を討ちつづけていたのでしょう。
そのためいつしかあなた自身が敵に狙われるようになり、激動の時代の最中、若くして命を絶ったようです。
数百年のときを経て、現代世界に転生したあなたですが、前世の生き様のためか、どこか心の中に翳りがあるようです。
この心の闇を取り払うことこそが、あなたの現世における使命なのかも知れません。
わずらわしい世事を離れて、一人になったときこそ、あなたの心に眠る暗殺者の血が落ち着きを取り戻すことになるでしょう。

強者の魂  79%
道楽の魂  81%
苦境の魂  100%
妖魔の魂  2%
おぉ〜なんかカッコええやん♪
坂本龍馬を殺した男かもしれんぞ(-_☆)

心の闇を取り払えるかなぁ…。
| えびりょう | 占い・診断 | 17:24 | comments(4) | trackbacks(1) |
三国志占い…
三国志が好きな えびは三国志占い をやってみた…。

結果は…
続きを読む >>
| えびりょう | 占い・診断 | 20:57 | comments(5) | trackbacks(1) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
   


ちびギャラなな半
ちびギャラなな半 (JUGEMレビュー »)
ボンボヤージュ
ななっ・・・はん

 
このページの先頭へ